検索結果

更新日:2024.03.27

練馬区で転職・就職におすすめの
タクシー会社7選をご紹介します!

新しい仕事へのチャレンジとして、タクシードライバーを選択する方は少なくありません。さまざまな働き方ができて給与アップも期待できるため、まったく異なる業種からの転職でも成功する方はたくさんいます。

しかし、練馬区でタクシードライバーへの就職や転職を考える際、タクシー会社の数も多く、それぞれ働き方やサポート体制などもさまざまなので、

・どのタクシー会社に就職すればいいの?
・どんな働き方ができるの?
・タクシードライバーとして稼ぐことはできるの?

といった疑問や課題が生まれるでしょう。そこで当サイトでは、練馬区でタクシードライバーになりたい方の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介しています。

研修制度や給与形態など、こだわりで選ぶおすすめのタクシー会社や、タクシードライバーになるうえで知ったおきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して、実際にタクシードライバーになった方の口コミや評判をまとめてご紹介しています。ぜひ参考にしながら、新たな業界でのチャレンジをスタートさせましょう。

タクシー会社選びがタクシードライバーへの転職成功のカギ!

今後タクシー業界はますますニーズが高まっていくとされていることから、これから転職や就職をする業種としておすすめです。そしてより自分らしく働くためには、自分に合うタクシー会社選びをすることが大切です。

東京都をエリアとしているタクシー会社は数多くありますが、まずは様々な会社を給与や勤務形態、働きやすさなどで比べてみましょう。そして自分にぴったりなタクシー会社を見つけ、タクシードライバーとして新たな一歩を踏み出してください。

自分にあったタクシー会社を選ぶときのポイント

自分にあったタクシー会社を選ぶときのポイントの見出し画像

数多くあるタクシー会社のなかから、自分に合うタクシー会社を見つけることも大切です。ここではタクシー会社を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介するので、これらを参考に自分にぴったりのタクシー会社に就職・転職をしましょう。

稼ぎやすさ

稼ぎたいということを理由にタクシードライバーを目指す方も多いため、稼ぎやすさはタクシー会社選びで重視したいポイントです。どのくらい稼げるのかについては公式サイトなどに記載されていることが多いので、ぜひそちらをチェックして収入をイメージしてみましょう。

未経験からでもいくら以上稼げるなどの実績があると、それを目指して働けるので、モチベーションを保ちやすいはずです。また、稼ぎやすくするためのシステムを取り入れているかどうかもチェックしましょう。

たとえば、配車アプリの導入や独自の無線配車などを行っている会社だと、新規顧客の確保もしやすく、乗車率を確保しやすいので稼げる可能性が高くなります。

勤務形態

働きやすい勤務形態であるかどうかも、タクシー会社選びで重要なポイントです。勤務形態は隔日勤務を導入している会社が多いですが、1か月あたりの勤務日数に融通が利いたり、法定外の残業を禁止していたりするとより働きやすさを感じられるはずです。

また、1回あたりの乗務時間もタクシー会社によって微妙に異なる場合もあるので、より体や精神への負担が少なく、マイペースで働ける勤務形態を提供しているタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

充実した研修制度

未経験からでも安心してタクシードライバーになるためには、研修制度が充実したタクシー会社を選ぶことも大切です。たとえば、タクシードライバーに必須となる二種免許の取得費用を全額負担してくれたり、運転や接客を基礎から教えてくれるタクシー会社なら不安を感じにくいはずです。

また研修期間中も給与が支給されると、転職したばかりの方でも安心して研修を受けられるでしょう。ぜひ研修制度が充実しており、より確実にスキルを身につけていけるタクシー会社を選びましょう。

サポート体制

未経験からタクシードライバーになる方のなかには、本当に稼げるのかと不安を感じる方もいるでしょう。そんな不安を感じないようにするためには、サポート体制も充実しているタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

たとえば、タクシーの配車アプリを導入していて新規顧客を確保しやすくなっていたり、無線配車の数が多く、乗車率アップのサポートをしてくれたりすると安心感があります。ほかにも専用のタクシー乗り場を持っている、企業とのチケット契約をしているなどの強みを持つタクシー会社なら、確実に売上を確保していくことができるはずです。

職場の風通しの良さ

タクシードライバーは、車内で多くの時間を過ごすため1人でいることが多いですが、万が一困ったことや悩みがあった場合に相談できる環境であることも大切です。また新しい業界へのチャレンジで不安を感じる方も多いはずなので、できるだけ会社内の風通しがよく、アットホームで社員同士のコミュニケーションが取りやすい会社を選ぶことも大切です。

ぜひタクシー会社選びの際には、会社内の雰囲気などからも安心して働ける会社であるかどうかを確認しましょう。

転職・就職におすすめの
タクシー会社7選

日交練馬株式会社

日交練馬株式会社

おすすめポイント

ポイント1 月収50万以上のドライバーも多数在籍
ポイント2 日本交通グループの手厚いサポート
ポイント3 未経験者90%以上

1台あたりの売上都内1位で高収入目指せる!アットホームで未経験者も安心!

日交練馬株式会社は和気あいあいとしたタクシー会社です。創業90年、10年連続売上No.1の日本交通グループであることが強みでしょう。大手グループならではの数多くの専用乗り場やタクシーチケット契約、圧倒的無線配車件数を誇っています。

充実したサポートもあり、未経験でも1か月目からしっかりと高収入を得ることができます。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

日交練馬株式会社へのアクセス

先輩社員の声

安心できる職場(江口 拓夢)
私は未経験で入社し、まだ入社して2ヶ月しか経っておりません。 入社理由は職場の雰囲気の良さとしっかり稼げてしっかり休めるから。 実際入社後も職場の雰囲気は良く、先輩方にも営業の仕方や専用乗り場の入り方、休憩場所など様々なことを教えてくれるため、安心して働くことができています。 まだ入社して間もなく、お客様に道を聞きながらの接客になってしまいますが、早く一人前のタクシー乗務員になれるよう、日々精進していきます。
運営者コメント

この方は入社されてわずか2ヶ月であり、未経験の状態からのスタートだったようですね。入社の理由は、職場の雰囲気が良く、かつしっかりと稼げ、十分に休息がとれるという点であったとのことです。 入社後も実際に職場の雰囲気が良好で、先輩方が営業の手法や専用乗り場の利用方法、休憩場所など、様々な面で丁寧に教えてくれているため、安心して業務に従事できているそうです。まだ入社して日が浅い中で、お客様への案内においては道を尋ねながらの接客が主な状況であると述べていますが、将来的には早く一人前のタクシー乗務員として成長することを目指して頑張っているようです。

ブランド力があるからこそ、この収入!(石原 悠)
私は以前の職場では満足のいく収入額ではありませんでした。転職を考えたときにたまたま日交練馬の求人を見て、タクシー会社は歩合給なので給与面が不安でしたが、二種免許は会社負担で取得でき、保証給も有りと書いてあったので、思い切って応募してみました。 現在勤務を始めて一年以上経ちましたが、保証給を頂いたのは最初の数ヶ月のみで、その後は保証給以上に稼げるようになっています。日本交通グループはアプリ配車の多さやタクシーチケット等、ブランド力が非常に高いタクシー会社ですので稼ぎやすいタクシー会社だと思います。交通事故や違反に十分気を付けこれからも収入アップに日々精進していきたいです。
運営者コメント

以前の勤務先での収入が満足に得られなかったことから、転職を検討された際に、日交練馬の求人に偶然出会い、応募することを決断されたようですね。決め手は、タクシー会社での歩合給に対する不安を解消するため、二種免許の取得が会社負担かつ保証給も用意されているという情報でした。 現在、一年以上の勤務経験があり、最初の数ヶ月は保証給を頂いたものの、その後は保証給を上回る収入を得られているとのことです。日本交通グループが提供するアプリ配車の多様性や、タクシーチケットなどのサービスがあり、その結果ブランド力が非常に高いタクシー会社として、稼ぎやすい環境が整っていると考えているようですね。

"稼げる環境"が決め手でした(Bさん)
歩合制で頑張りが反映される給与形態と、日交練馬独自の稼げる仕組みに惹かれました。 未経験者の先輩社員たちが入社から間もなく、給与補償を超える額を稼いでいると聞いた時は驚きました。しかし、"稼げる秘訣"を聞いた時に、未経験者の自分でも稼ぐイメージが湧いたので当社を選びました。また、日本交通グループという安心感も決め手の一つです。 将来を考え長く働けることを条件に、転職を検討しました。頑張りが毎月の給与となって自分に返ってくると非常にやりがいを感じます。勤務明けから次の乗務までたっぷり時間があるため、趣味に時間を割ける働き方も非常に気に入っております。
運営者コメント

日交練馬では、タクシー業界未経験の方でも、しっかりお金を稼いで活躍されているようですね。頑張りが評価される仕事に就きたいと考えている方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 日交練馬では、配車アプリや日本交通独自の無線配車などで効率よく稼ぐことができます。第二種免許教習取得全額無料、研修期間中の1万円の日当などサポートが充実しているのも嬉しいところです。

"アットホームさ"が決め手でした(Cさん)
前職は他社のタクシードライバーだったため業務への不安はありませんでしたが、ここだけの稼げる仕組みと従業員全体の関係性が決め手でした。 お恥ずかしい話ですが、面接時は他の先輩社員の方にお給料をメインにお話を聞きました。前職でもそこそこ稼げてはいましたが、営業所の立地条件や大手のタクシー会社だと「こんなに稼げるのか」と驚きました。チケットが沢山でていて、流し営業でもしっかりと稼げている先輩に憧れて入社を決意しました。 稼げるコツって自分だけの秘密にしたくないですか?しかし当社では稼げるノウハウがしっかりと共有されており、年次関係なく風通しが良く居心地の良いところが自慢です。「未経験の方でもしっかり稼げる&経験者の方は更に稼げる」理由は、ここにあると思っています。
運営者コメント

日交練馬は会社の雰囲気がよさそうですね。アットホームな会社で楽しく働きたい方におすすめできるでしょう。稼げるノウハウを共有し、全員が稼げるようにしている点も評価できると思いました。 研修センターでは、地理の講習会を行っています。経験豊富な教官が説明を行い、よく利用する道から覚えられるのは、実践的だと思いました。

国産自動車交通株式会社

国産自動車交通株式会社

おすすめポイント

ポイント1 高級車レクサスをタクシー車両として採用
ポイント2 人気の落語鑑賞会
ポイント3 新人専門の部署あり

働きやすい環境が整っている!充実の福利厚生!

国産自動車交通株式会社は、創業昭和27年の歴史ある会社です。車両保有数 230両(認可台数)を保持し、それぞれに他社にはない高性能な車両整備があります。

社員寮は全部で3つ、女性スタッフには、借上げ寮(ワンルーム)会社負担あり、社員旅行やサークル活動など福利厚生を充実させています。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

国産自動車交通株式会社へのアクセス

先輩社員の声

シフト制である程度融通がきく(30代後半 男性)
プライベートの時間を大切にしたい人には良い会社だと思います。出勤日はシフト制である程度融通が利きます。有給休暇も取れますし、残業もあまりありません。
運営者コメント

国産自動車交通では、自分の都合に合わせて働くことができそうですね。有給休暇もきちんと取得できるため、無理なく仕事を続けられるのではないでしょうか。 レクサスやアルファード、セレナ、ジャパンタクシーなど、整備の行き届いたさまざまな車種がタクシー車両として採用されているのが特徴的です。顧客に快適な空間や移動時間を提供できると思いますよ。

日生交通株式会社

日生交通株式会社

おすすめポイント

ポイント1 交通事故防止対策に特化
ポイント2 未経験者にも親切な教育プログラム
ポイント3 健康優良企業の認定

女性ドライバー応援企業!道路交通安全マネジメントシステムの国際規格取得!

日生交通株式会社は交通事故防止への意識レベルの高さを誇っています。「健康優良企業」を目指し、ISO39001道路交通安全マネジメントシステムの国際規格を取得しています。

20代から80代、幅広い年齢層の乗務スタッフがプロドライバーとして最前線で活躍中、未経験でも可能です。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

日生交通株式会社へのアクセス

コンドルタクシー

コンドルタクシー

おすすめポイント

ポイント1 未経験でも、月収40万以上
ポイント2 ライフスタイルに合わせて働くことができる
ポイント3 初心者でも安心のサポート体制

ライフスタイルに合わせた勤務が可能!初心者にも安心なサポート体制も

コンドルタクシーは無線配車は都内トップクラス、リピーターのお客様も多く月収40万円以上も目指せます。都内にある3か所の営業所から勤務地を選択でき、マイカーや電車などの通勤方法も選べます。

最新のカーナビのほか無線配車室のオペレーターのサポートもあるので初心者でも安心です。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

コンドルタクシーへのアクセス

先輩社員の声

会社負担で新宿の全日教に通える(30代 男性)
賃率は水揚げの60%が給与。足切り、事故負担金、クレジット、無線の使用料なし。自習勉強だけではまず受からない地理試験も、会社負担で新宿の全日教という予備校に通えるのでほぼ1回で受かります。 地方出身者は会社の借り上げ住宅に、初期費用無しで入居可能。個人で借りる場合は毎月3万円の家賃補助がある。組合はオープン制で保険共済があるが、毎月6800円の給与天引きとなる。
運営者コメント

コンドルタクシーでは、タクシードライバーが快適に仕事を始められるように地理試験や住宅のサポートを行っているのですね。タクシー業界未経験の方や地方出身の方にもおすすめできるのではないでしょうか。 コンドルタクシーは、無線配車やリピーターの顧客が多く、稼ぎやすいタクシー会社です。昼間の営業は無線配車で全てまかなえてしまうといいますから、期待できると思いますよ。

会社全体に勢いがある(30代 男性)
社長の昔の乗馬クラブのつてで芸能関係との太いパイプがあり、映画のラッピングタクシーや可愛すぎるタクシードライバーさんの移籍などで、若い乗務員が増えつつあり、若さに任せた営業で売上も向上し、会社全体に勢いがある。
運営者コメント

コンドルタクシーには、やる気にあふれるタクシードライバーが揃っているようですね。周囲の人と切磋琢磨して、売上を増やしていきたいという方は、ぜひ注目してみてください。 都内には3か所の営業所があり、通勤しやすいところを選べるのが嬉しいところです。サポートも充実しており、無理なく働きたい方にぴったりのタクシー会社です。

豊玉タクシー株式会社

豊玉タクシー株式会社

おすすめポイント

ポイント1 都心にアクセスのしやすい練馬・中野の事務所
ポイント2 営業エリアは日本最大の東京
ポイント3 独身寮の完備・最新設備のタクシー車両

東京特別区エリアで高収入!独身寮完備で通勤も便利!

豊玉タクシー株式会社は都心にアクセスのしやすい練馬・中野に事務所を構えています。都心に近い分余裕を持って営業ができ、売上も上げやすく、100万円プレーヤーも多数在籍していることが特徴です。

また独身寮完備、最新設備のタクシー車両など働きやすい環境が整っています。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

豊玉タクシー株式会社へのアクセス

先輩社員の声

アットホームな会社(匿名)
タクシーは2種免許が必要ですが、免許がない状態からのスタートでした。新人の時から研修が厚く、タクシーっていくらぐらい稼げるか不安でしたが、すぐに思った以上の給与を稼げるようになりました。 また、会社では旅行のイベントがあったり、休憩所では他の人と情報交換することが出来ます。
運営者コメント

豊玉タクシーでは、投稿者さんのように現在2種免許をお持ちでない方も受け入れてもらえるようです。手厚い研修を受けて、自信を持って現場に出られるのではないでしょうか。 都心にアクセスしやすい練馬・中野に事務所を構えており、往復に時間がかかり過ぎないため、売上を出しやすいのが嬉しいところです。最新設備のタクシー車両でお仕事ができるので、多くの顧客に喜ばれると思いますよ。

明るく活発な社風(50代 男性)
野球部やゴルフ部、ボーリング部やラーメン部などの各文化運動部などが活動しており、明るく活発な社風だと思います。 上下関係があまり感じられなく、明るく誰とでも仲良くできる社風だと思います。比較的男性が多い職種ですが、女性も多く在籍されております。外国籍の方もそれなりに在籍しております。
運営者コメント

豊玉タクシーは、部活動が充実しているのですね。お休みの日も楽しく過ごせそうだと思いました。会社の雰囲気がよく、女性や外国籍の方も働きやすそうです。 豊玉タクシーでは、独身寮を完備しています。賃貸費用にお悩みの方にとって、嬉しいサポート内容ですね。寮は本社近くにあり、通勤が楽になるのもポイントです。

キャピタルモータース株式会社

キャピタルモータース株式会社

おすすめポイント

ポイント1 業界売上No.1の日本交通グループに加入
ポイント2 「杉並立地」で営業がしやすい
ポイント3 未経験でも安心な充実の研修体制

業界売上高トップの日本交通グループ!万全の教育体制と安全運行サポート制度!

キャピタルモータース株式会社の特徴は、業界売上高TOPクラスの日本交通グループに加入、高級住宅街が多く点在し都心に至便な武蔵野・城西地区に営業所を持つことです。

外出応援タクシー・陣痛タクシー、観光タクシー、キッズタクシーなどの新サービスでさまざまなケースに対応しています。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

キャピタルモータース株式会社へのアクセス

先輩社員の声

女性も活躍している(50代 女性)
タクシーと言うと男性の職場というイメージがありましたが、求人広告で女性も活躍していると知り、この仕事を選びました。仕事の内容は男女に差がなく、自分の頑張りが評価される仕事なのでやりがいはあります。 女性の寮もあり、地方出身者でも入社時から安心して仕事を始めることができました。男女関係なく仕事の話しもでき、職場の雰囲気もいいので働きやすい会社だと思います。
運営者コメント

キャピタルモータースでは、女性が働きやすいように寮の設置などのサポートを行っています。まだまだ男性が多い業界ではありますが、女性だからこそできるサービスがあるのではないでしょうか。 また、最新の車内外装備が付いているのが、働きやすいポイントです。ドライブレコーダーや防犯カメラ、GPS無線、除菌消臭剤など女性も安心できる環境になっています。

働きがいがある(50代 男性)
なぜ自分は頑張っているのに評価されないんだ!と思っている方にはタクシードライバーは本当に良い仕事だと思います。男女差、学歴、年齢差とか一切関係なく、自分が売り上げた分に対して給与として貰えるというのは最高です。 色々と工夫したり、勉強したりしてそれが結果(売上げ増)に結びつくので本当に働きがいがあります。収入面だけのやりがいだけでなく、お客様から感謝の言葉を頂いた時には、タクシードライバーになって良かった!って実感しています。
運営者コメント

タクシードライバーの仕事は、自分が勉強して頑張って働いた分、お給料として結果が出るのが嬉しいですね。他の業界で、正当な評価がされていないと感じていた方は、検討してみてはいかがでしょうか。接客が好きな方にも向いていると思います。 キャピタルモータースでは、研修体制が充実しているため、未経験の方でも安心して働き始めることができます。専属の教育部署を設置し、部門ごとに担当者がいるという丁寧さが魅力的です。免許取得・地理・法令関係・接客などきちんと学習できます。

昭和自動車株式会社

昭和自動車株式会社

おすすめポイント

ポイント1 社内はとても明るくアットホーム
ポイント2 ハイヤー仕様のハイグレード車両を多数導入
ポイント3 選べる給料保障制度

アットホームな環境!選べる給料保障制度や入社金あり!

昭和自動車株式会社は選べる給料保障制度を完備しています。12か月30万円もしくは6か月36万円のどちらかの保障を受けることができ、さらに入社支援金20万円又は住居支援金20万円を支給してもらえます。

また、国土交通省が定めるユニバーサルデザインタクシーの認定要件に適合したジャパンタクシーを導入しています。

求人情報

… もっと詳しく知りたい方はこちら

昭和自動車株式会社へのアクセス

先輩社員の声

社員の仲がいい(50代 男性)
部活動もあり、野球部は試合も頻繁に行なっている。プライベートで皆で出かけたりと仲はよい。花見、旅行、ボーリングなどのイベントもある。
運営者コメント

昭和自動車では、楽しく働き続けられそうですね。プライベートも充実させたい方におすすめできるのではないでしょうか。 車両はハイヤー仕様のハイグレード車両を多く導入しているのがポイントです。顧客に喜ばれるのはもちろんですが、乗り心地がよくドライバーも快適に働けると思いますよ!前方・後方・車内の同時録画ができる、高性能ドライブレコーダーが付属しているため、安全面も安心です。

先輩がとても親身にアドバイスしてくれる(田村雄)
一番の決め手は隔日勤務だと、他業界に比べて休みが多くとれることでした。あとは、もともと車を運転するのが好きだったのと人と接することも好きだったので、自分に一番合ってる職種かなと思って選びました。 条件が他社よりも良かったのでこの会社を選びましたが、実際に入社して諸先輩がとても親身にアドバイスをしてくれたり、シフトの部分でも融通を利いていただいているので、本当にこの会社を選んで良かったなと思います。 前職は営業の仕事をしていたのですが、週休1日で朝から晩まで常に仕事をしていたので、ほとんど休みがありませんでした。タクシーは出番の翌日は必ず休みなので、この仕事を始めてから家族と過ごす時間が多くなりましたね。 おかげで家族関係もさらに良好になりました(笑) 収入面に関しても、前職に比べてかなり安定しているので、自分の趣味にも充てられて時間もあるので旅行に行ったりしてリフレッシュしています!
運営者コメント

昭和自動車では、ひとりひとりに寄り添った対応をしてもらえるため、働きやすそうですね。タクシードライバーの仕事は、家族との時間や趣味の時間などを大切にすることができると思います。隔日勤務の方が自分に合った働き方だと感じる方もいらっしゃるでしょう。 また、給与保障制度が用意されており、業界未経験の方でも働き始めやすくなっているのが嬉しいところです。

タクシードライバーについて

タクシードライバーってどんな仕事?

タクシードライバーの仕事は、運転前後の車両管理と運転中の接客が主になります。

また、観光や子どもの送迎など多様なサービスがあります。この職に就くには第二種運転免許が必要で、一部地域では地理試験の合格も求められます。

タクシードライバーの現状や将来性について

タクシードライバーの現状や将来性についての見出し画像

タクシーを利用する方の求めること、必要性などは時代とともに変化していきます。そのため今タクシードライバーになって、この先問題なく働き続けることができるのか、給与面で不安定になることはないかなどの不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

2020年頃のタクシー業界では、大手のタクシー会社でドライバーの一斉解雇などが行われるケースなどもあり、タクシー業界全体が業績悪化に悩まされた時期でした。しかし、2022年以降withコロナが定着し始めてからは業績を回復しているタクシー会社も多く、ドライバー個人単位の給与もコロナ禍前と同等、もしくはそれ以上になっている方も増えており、求人の数も増えてきています。

さらにタクシー配車アプリの登場で誰でも気軽にタクシーを利用できるようになったという背景もあり、タクシーの需要は高まっています。今後外国人観光客が増えていくことで、ますますタクシー利用者は増えていくと見られており、タクシー業界で活躍できるチャンスも増えていくでしょう。

また、これまで60代以上など高齢のドライバーが多かったイメージのタクシー業界ですが、ドライバーの定年退職などにより人材不足に陥ったことをきっかけに、新卒採用や若手の採用に力を入れるタクシー会社が急増しているのも現状です。未経験者を多く採用することから、人材育成の体制も整い始め、今では未経験者歓迎のタクシー会社も数多くあります。

このように、タクシー業界はさまざまな変化を遂げながら新しい常識やスタイルに変わり始めており、既存のルールやイメージにとらわれない働き方ができる業界にもなってきています。そのためまったく別の業界から転職を考えている方でも、安心して働き始められる環境であるといえるでしょう。

もしこれからタクシードライバーになって今よりも稼ぎたいという方は、東京を中心とした首都圏でのドライバーを目指すのがおすすめです。なぜなら、首都圏は全国のタクシードライバーのなかでも給与が高く、顧客の数も多いことから、安定した収入を得られる可能性が高いからです。ぜひ東京を対象エリアとしたタクシー会社に就職や転職し、給与面での不安を感じないようにしましょう。

タクシードライバーの勤務形態

タクシードライバーの勤務形態の見出し画像

タクシードライバーには大きく分けて3つの勤務形態があります。ここでは勤務形態ごとの特徴などをご紹介していくので、自分に合う働き方がどれなのかを知るためにもぜひチェックしてみてください。

隔日勤務

タクシー業界で主流の勤務形態が「隔日勤務」です。タクシー業界以外ではあまり見かけない勤務形態ですが、簡単にいえば1回の乗車(出番)で2日分の仕事を行い、その翌日は確実に休み(明番)になるというのが隔日勤務の働き方です。

1回の乗務時間はおよそ20時間程度で、その間に3時間ほどの休憩が入るのが一般的でしょう。たとえば出番の日の朝10時から乗務を開始した場合、休憩3時間を含めて乗務が終わるのは翌日の朝6時頃、そしてその日は明番としてそれ以降の時間がすべて休みとなります。

そのほかに丸一日休みになる公休もあるので、明番と上手に組み合わせることで、長時間の休みを確保できるのは隔日勤務の大きな特徴です。さらに隔日勤務の場合、1回の出番あたりの最長拘束時間が21時間以内と決まっており、出番後は最低20時間以上の休みを取るのが必須なので、連続して勤務を行うことはありません。

とくにほかの業界から転職した方は働き方の違いに戸惑うかもしれませんが、慣れてくれば自分の時間を多く取れて働きやすい勤務形態だといわれています。

日勤

日勤は朝から働いて夕方に退勤するという勤務形態で、一般的なサラリーマンや公務員などと同じように1回8時間勤務で休憩が1時間というスタイルです。朝は7時~8時頃にスタートし、16時~17時頃に乗務が終了するというパターンが多いですが、タクシー会社によって時間は前後することがあります。

日勤の場合、メインの客層は早朝にタクシーで通勤するビジネスマンや、住宅街から病院に向かう高齢者などとなり、早朝の売上が1番多いためこの時間帯でどう稼ぐかが重要になってきます。生活の時間帯を変えなくていいという点で安心感はありますが、乗車率や売上ではほかの勤務形態に劣るケースが多いので、稼ぎたい方は物足りなさを感じてしまうかもしれません。

夜勤

夜勤は日勤と同じような働き方を夜間帯に行うイメージです。18時~19時頃に乗務をスタートし、翌2時~3時頃に終了するというパターンです。タクシーは夜間になると割増料金となり、終電を逃した方や遅くまで働いていた方などが多いことから、乗車率も日勤より高くなります。

また比較的乗車距離も長いため、売上を上げやすい時間帯だといえるでしょう。ただし日勤や夜勤のみを採用しているタクシー会社は少ないのも現状です。

タクシードライバーの平均年収や給与形態

タクシードライバーの平均年収や給与形態の見出し画像

タクシー業界は勤務形態だけでなく、給与形態もほかの業種とは異なります。給与形態も大きく分けて3つあるので、ここでは給与形態ごとの特徴をご紹介します。またタクシードライバーの平均年収についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

A型賃金(固定給+歩合給+賞与)

A型賃金は基本給に各種手当、歩合や賞与が支給される給与形態です。月収に固定給が含まれているので、売上によって収入が左右されにくく、1番安定しているのがこの形態だといえるでしょう。

また固定給のほかに歩合も支給されますが、固定給が大きい分、ほかの給与形態に比べると歩合率は低めになっているのが一般的です。また一般的な営業職と似ており、固定給の部分が上昇していくことから、会社全体の売上が高い状態でないと維持できず、最近では都内のタクシー会社でA型賃金を採用しているところはほとんど見かけません。

B型賃金(完全歩合)

B型賃金は、給与のすべてが歩合というのが特徴の給与形態です。ボーナスなども無く、計算が「月間営業収入×歩合」と非常にシンプルで、自分ががんばればがんばるだけ、給与が高くなっていくのがこの給与形態でもあります。

ほかの給与形態に比べて歩合率が高く、業界の平均収入の2倍などの高給も狙うことができますが、毎月収入が不安定であったり、働き方によっては思ったように稼げなかったりする可能性もあります。

AB型賃金(金固定給+歩合給+賞与のA型とB型の中間形態)

現在、タクシー業界でもっとも多く取り入れられているのが「AB型賃金」という給与形態です。A型賃金とB型賃金を組み合わせたもので、固定給部分と歩合給部分をそれぞれ時間に換算し、それらを合計した額と最低賃金額を比較して計算されます。

また算出した月給の売上から積立金(プール金)を作り、年に2回~3回に分けてボーナスとして支給されるのも大きな特徴です。ある程度給与が安定しており、さらに年に2~3回まとまった金額を受け取れることから、安心感のある給与形態であるといえるでしょう。

タクシードライバーの平均年収

これからタクシードライバーになる方が気になるのが、どのくらい稼げるのかということではないでしょうか。厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」にて公表されているタクシードライバーの平均年収は、約343万円となっており、日本の平均年収と比較するとやや低めです。

ただし、東京都だけで見てみると平均年収は383万円となっており、全国的な平均よりも高い傾向にあります。月給で換算すると32万円程度が相場ですが、売上が上がればその分給与にも反映されるので、収入の目標を叶えやすい業界だといえるでしょう。

異業種からの転職者も多い!タクシードライバーに転職・就職するメリット

異業種からの転職者も多い!タクシードライバーに転職・就職するメリットの見出し画像

タクシー業界は若手社員の採用を積極的に行っており、今後ますます盛り上がっていく業界と見られていますが、今このタイミングでタクシードライバーに転職していいのだろうかと悩んでいる方もいるかもしれません。ここでは、タクシードライバーに就職や転職することで感じられるメリットをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験でも始めやすい

以前はタクシードライバーといえばベテランドライバーが多く、経験者でないと働きにくいというイメージを持っている方も少なくありませんでした。しかし、最近ではタクシードライバーを積極的に採用している会社が増えていることから、未経験者の教育制度や研修制度を整えているタクシー会社も多いのです。

そのため業界未経験でも始めやすくなっており、新しいチャレンジをしたい方には大きなメリットとなるでしょう。タクシードライバーはさまざまな業界の経験を活かせる仕事でもあるので、悩んでいるのならぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

やり方次第でどんどん稼げる

タクシードライバーの給与には、すでにご紹介しているように歩合が含まれているため、働き方によってはどんどん稼ぐことができます。ただし、未経験者はとくに初めの慣れないうちは稼ぎにくいと思っている方も多いかもしれません。

しかし最近のタクシー会社は研修中でも給与が支払われたり、研修後の数か月から1年間ほどは基本給を支給したりなど、安定して稼げるまでのサポートが充実しています。そんな体制が整っている今だからこそ、タクシードライバーへの就職や転職がおすすめなのです。

ワークライフバランスが良い

タクシー業界の勤務形態として「隔日勤務」を取り入れている会社が多いですが、1回につき長時間働くため、きつい仕事と思われがちです。しかし、実際には勤務が終わった明番の日は自分の時間を長時間確保できるうえに、公休と組み合わせれば連続した休みがもらえることもあります。

1か月の出番も11日~13日程度としている会社が多く、転職してから家族や友人と過ごす時間をより多く取れるようになったという方も少なくありません。しっかりと稼ぎながらもプライベートを充実させたい方も、タクシードライバーへの就職や転職を検討してみてはいかがでしょうか。

残業がない

タクシーは、乗客や道の状況などに応じて時間通りに勤務を終えられない場合もありますが、基本的に残業はありません。隔日勤務の場合は拘束時間が20時間程度であり、21時間を超えての労働は禁止されています。

健康でないとできない職業でもあるので、勤務時間に関する規定は一般的な企業よりも厳しいといわれているのです。そのため、タクシードライバーはメリハリをつけて働ける職種であり、プライベートとも両立しやすいでしょう。

自分のペースで仕事ができる

タクシードライバーは乗客との接客も仕事内容に含まれますが、乗客のいない時間帯は基本的に1人で過ごすことになります。また休憩時間の決まりもないので、自分のタイミングで休憩をとれるなどの特徴もあります。

そのため会社内で働くよりも比較的マイペースに働くことができ、自分の働きやすさを優先できるというメリットがあります。ただし、あまりにもマイペースで働き続けると収入が減ってしまうので注意が必要です。

未経験からタクシードライバーになるには?必要な資格やスキルを解説

未経験からタクシードライバーになるには?必要な資格やスキルを解説の見出し画像

これからタクシー会社への転職を考えているのなら、ドライバーになるために必要な資格やスキルについても知っておきたいポイントです。ここでは資格とスキルそれぞれに分けて解説していくので、ぜひチェックしてみてください。

必要な資格

タクシードライバーになるために必須の資格は、二種免許です。お金をもらって乗客を乗せる場合に必要な免許で、第一種免許を取得してから3年経過している満21歳以上の方に受験資格があります。

また東京や神奈川、大阪の一部でタクシードライバーを目指すためには「地理試験」に合格する必要もあります。地理試験は、営業エリア内にある道路や交差点の名称などをはじめ、有名な建物の所在地などの知識のほか、目的地までの最短ルートやそのルートの賃金、所要時間を把握しているかどうかなどを証明する試験です。

※以前はタクシー乗務員の取得要項として、東京都・大阪府・神奈川県で「2種免許取得、および地理試験への合格が必要である」となっていましたが、2024年2月29日付けで地理試験の廃止が決まりました。 (参考元:https://www.tokyo-tc.or.jp/driver/geography.html)

必要なスキル

タクシードライバーになるために必要なスキルは大きく分けて3つあります。

まずは安全運転のスキルです。タクシードライバーは安全に乗客を目的地まで送迎することが求められるので、丁寧な運転を行い、急ブレーキや急発進を避けることが大切です。乗客が満足できるようにするために、車の揺れをできるだけ少なくするような運転を心がけましょう。

タクシーは乗客への接客のスキルも必要です。コミュニケーションがしっかりととれ、笑顔で明るく接することができれば、乗客も安心してタクシーを利用できるでしょう。また必ずしも話しかけてほしい乗客ばかりではないので、空気を読んでひとりひとりに最適な接客をすることも心がけなければなりません。

また乗客を確実に素早く目的地に送り届けるためには、地図を暗記できるスキルもあった方がいいでしょう。タクシーにはカーナビが搭載されていることが多いですが、カーナビを入力している時間が乗客のストレスになってしまうこともあります。目的地をすぐにイメージできるよう、地理に詳しくなっておくのがおすすめです。

タクシードライバーに向いている人の特徴

タクシードライバーに向いている人は運転が好きで、気配りができ、一人の時間を楽しめる方です。

また、自己管理能力が高く、体調管理をしっかり行える方も適しています。運転技術に自信がない方でも、研修を通じて技術を習得できるため、興味があれば挑戦が可能です。

「転職・就職するときに重要視する項目はなんですか?」WEBアンケートで調査!

タクシードライバーはとても魅力的な職業なので、転職や就職を考えている人にはかなりおすすめできます。しかし、就職や転職をするにあたってはさまざまな点についてよく吟味することが必要です。

とはいえ、どういった点を重視すればタクシードライバーへの転職・就職が上手くいくのかというのはあまり想像がつかない人も多いのではないでしょうか。そこで、当サイトではタクシードライバーへ転職・就職する際に重要視する項目についてアンケート調査を行ったので、ぜひ参考にしてみてください。

「転職・就職するときに重要視する項目はなんですか?」という質問をしたところ、結果は以下のようになりました。

転職・就職するときに重要視する項目はなんですかのアンケート画像

第1位は「未経験でもチャレンジできるか」でした。タクシードライバーに転職・就職しようと考えている人には未経験の人も多いと思いますが、そういった人でもチャレンジできる環境になっているかは必ず確認しなければいけません。

多くの会社が未経験者を歓迎していて、教育体制などもしっかりと整っています。しかし、中には経験者のみを求めているところも存在するため、忘れず見ておくようにしましょう。

第2位は「仕事とプライベートのバランス」でした。タクシードライバーの勤務形態にはおもに日勤・夜勤・隔日勤務の3つがあるため、自分の求めるような仕事とプライベートのバランスが実現可能な勤務形態で働くことができる会社を探しましょう。

優良な会社は、ドライバーのプライベートのことも考えて休日と勤務日のバランスを取ってくれています。募集要項を確認する際は、ぜひ休日が月にどれくらいあるのかもチェックしてみてください。

第3位は「職場の風通しの良さ」でした。どれだけ自分の意見を言うことができるのかなど、職場の風通しの良さも転職や就職では大事になってきます。

なにか気になることがあったときに意見を示すことができないのはあまりよくありません。風通しが良く、どのようなことでもきちんと言うことができるような会社になっているかもきちんと事前に確認しておきましょう。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しでは、自分にあったタクシー会社を選ぶ時のポイントについて解説していきます。

タクシードライバー転職の不安を払拭!未経験・異業種から安定して働くには?

未経験からの転職に不安はつきもの

タクシードライバーは勤務時間や給与面がほかの業界や業種と大きくシステムが異なるため、さまざまな不安を感じている方もいるでしょう。また、きちんと道を覚えられるのかといったドライバーならではの不安を抱えている方もいるかもしれません。ほかにも、事故や乗客とのトラブルなどに不安を感じる方も少なくないはずです。